漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月30日

●[フォント] 『おおきく振りかぶって』のロゴ

[フォント] 『おおきく振りかぶって』のロゴ

[フォント] 『おおきく振りかぶって』のロゴ

今日はひぐちアサさんの『おおきく振りかぶって』のフォントのお話です。

アクセントの付け方が非常に印象的なこのロゴ。以前からすごく気になっていたんですが、使用されているフォントはおそらくFLOP DESIGN さんの Shoppingだと思われます(上図)。

終筆部や「お」の点などがとがった形にアレンジされていますが、基本的な形はそのまま同じです。

ただ、このフォントは 1 byte フォントなので漢字がありません。なので、「振」の文字はカナにあわせて作ったものと思われます。


なお、FLOP DESIGN さんでは非営利目的に利用できるフォントのダウンロードができるようになっていますが、このフォントについてはサイトでは公開されていません。

FLOP DESIGN さんで販売されているフォントコレクション(CD-ROM)に収録されていますので、興味のある方はそちらをどうぞ。

→ FLOP DESIGN:Shopping

画像は『おおきく振りかぶって』第1巻(ひぐちアサ・講談社)表紙より引用。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年8月26日

●[フォント] 『乃木坂春香の秘密』のロゴ

こんばんは。榊です。

夏コミも終わって一段落したので、今日は久々にフォントの話題です。


『乃木坂春香の秘密』のロゴ

『乃木坂春香の秘密』のロゴ

今期、アニメが放送中の『乃木坂春香の秘密』ですが、このロゴはニィスのJTC神楽というフォントを元に作られているようです。

このJTC神楽というフォントは、モリサワのじゅんを設計したことで知られる書体デザイナー三宅康文さんデザインのちょっと和風なポップ系書体です。

ウロコが丸だったり、文字の下に来る横線が下に凸になっていたりと、なかなか個性のあるデザインです。

『乃木坂春香の秘密』のロゴでは、このJTC神楽の角を丸めて、やや柔らかめの感じに仕上げてあります。

あと、上の画像は(1)文庫の表紙ですが、(2)文庫の1ページめくった中のカラーページにあるロゴ、(3)アニメ版のロゴ、(4)コミックス版のロゴと、すべて少しずつ違っていたりします。

(2)と(3)も、一見同じに見えるかもしれませんが実は違うんです。

手元にお持ちの方は、ぜひ見比べてみてください。

個人的には(3)のアニメ版ロゴが一番完成度が高いのではないかと思います。


*画像は電撃文庫『乃木坂春香の秘密』第1巻(アスキーメディアワークス)の表紙より。

これまでのフォント関連の記事はこちら


Average Rating:
  • 販売元:ジェネオン エンタテインメント
  • 価格 :¥ 5,985



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年8月21日

●[冬コミ] 申し込み完了!

タイトルの通り、冬コミの申し込み手続きを終えました。

今度は『書体の研究』vol.2です!

まだ構想を練っている途中ですが、第1号と同じ程度のボリュームになる見込みです。

特集は「損をしないフォント購入術(1) エントリーパッケージ編(仮題)」、あとは連載の「ろごたいぷっ!」、「架空文字研究所」の予定です。

特集の「損をしないフォント購入術」は2回連続記事で、『書体の研究』vol.3 には後編の「まとめてレンタル編(仮題)」を書く予定です。

「架空文字研究所」は Blu-ray & DVD がバカ売れしているあのアニメの予定です(キラッ!☆)

しかし、1ページも書いていないのにこんな予告書いちゃって大丈夫だろうか・・・


と、こんな感じで次巻の内容を考えつつ、たまっていた本を息抜きに少しずつ読んでいます。

『とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)』(Amazon楽天)は評判通りのすばらしい完成度でした。

飛行艇乗りのお話というとすでにジブリの『紅の豚』があるので若干かぶってしまいますが、この小説、絶対映画にするといいと思いました(もちろんアニメーションで、ですよ)。

あと、以前から楽しみに残していた『さよならピアノソナタ (電撃文庫)』(Amazon楽天)は1巻を読んでいる途中ですがすでに傑作です。

『神様のメモ帳 (電撃文庫)』(Amazon楽天)も大好きな作品ですが、どうやら私はこの著者と相性がいいようです。

展開も文体も、それほど派手な感じではないのですが、なんというか、ちょっと大げさですが心の底から突き動かされるような、とても強い感情を与えられる作品だと思います。

これぞまさにライトノベルを読む醍醐味!、って感じです。

3巻まで出ているので、あと2巻も読めるのかと思うと嬉しくてたまりません・・・






関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年8月17日

●[夏コミ終了] ご報告とお礼

■ 夏コミ、お疲れ様でした!

夏コミに参加された皆様、お疲れ様でした。

今日(3日目)は夏コミとは思えない奇跡的な涼しさでしたが、私がサークル参加した1日目は晴天の上に17万人もの人出だったそうで、1日売り子をしているだけで汗だくでした。


ともあれ、おかげさまで無事に初のコミケのサークル参加を終えることができました。

立ち寄ってくださったみなさま、ありがとうございました。

「ブログ見てます」といった声をかけてくださった方もたくさんいて、非常にありがたかったです。

あと、1日目だったせいもあると思うのですが、『書体の研究』を手にしていただいた方に女性が多かったことが意外でした。

女性読者は大歓迎です!(笑)

眼鏡っ子の方も来てくださいましたよ!

それと、声をかけていただいた方にはお伝えしていたんですが、冬コミには(当選すれば)『書体の研究』の vol. 2 を出したいと思っているので、今後ともよろしくお願いいたします。


■ 今後の頒布予定

『書体の研究』vol.1 はまだ在庫があるので、10/5(日)のサンクリでも引き続き頒布いたします。

もしまだお持ちでなく、興味を持ってくださった方はぜひお立ち寄りください。

配置は、Dホール ノ 02 b となっています。


あと、先日も書いたようにとらのあなさんにも委託していますので、遠方の方はこちらでもどうぞ。
→ 『書体の研究』vol.1 (とらのあな)


■ 今回の戦果

私自身はそれほど同人誌をいろいろ読む方ではないのですが、今日は11時頃からぐるっと回って何冊か買ってきました。

夏コミ3日目 購入同人誌 ゆず屋

夏コミ3日目 購入同人誌 ゆず屋

(以上、敬称略)

ちゃんと読むのはこれからなんですが、どの本も非常にデザインセンスがよく、紙の選び方、色遣い、写真の見せ方など、さすがといった感じです。

こういった本を眺めるのは、もちろん自分の本作りの勉強になるというのもあるんですが、そういったことを抜きにして、とても気持ちがいいんですよね。

それに、自分もがんばって少しでも良いものを作ろうっていうモチベーションもわいてきます。いろんな意味で差がありすぎてちょっと凹みますが(笑)。

まぁ、そもそも私が『書体の研究』を作ろうと思ったきっかけの一つが『オタクとデザイン』、『オタクブックス』両誌の存在でしたので・・・

あと余談ですが、昨日の夜、『書体の研究』vol.2 の台割りを考えていて、『ろごたいぷっ!』のコーナーで紹介する本の一つにオタクとデザインの染谷さんがカバーデザインをされた『あっちこっち (まんがタイムKRコミックス)』を選んでいたのですが、ついさっき『オタクブックス第1号』を拝見したら思いっきり写真付きで紹介されていました・・・どうしたものやら(笑)(たぶん個人的に好きな本でもあるのでこのままいくと思いますが)


最後になりましたが、今回の夏コミにわざわざ関西から手伝いに来てくれた友人二人、すごく助かりました(とくに段ボールを運ぶのがw)、ありがとう!




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年8月10日

●[夏コミ新刊] 『書体の研究』委託情報

今週金曜日の夏コミ1日目(8/15)で頒布予定の『書体の研究』ですが、とらのあなさんで委託販売を受けていただけることになりました。

すでに納入済みですので、とくに問題がなければコミケと同日(15日)からとらのあなさんでも購入していただけるはずです。

店頭販売はもちろん、通販でも購入していただけるので、コミケに来られない方はよかったらご利用ください。

→ 『書体の研究』(とらのあなさんのサイト)
→ 内容のプレビューはこちらをどうぞ

なお、できるだけ価格は抑えたつもりですが、手数料などの関係でとらのあなさんでは 945 円(税込)となっています。コミケなどのイベントでは 700 円ですので、都合のつく方はイベントでどうぞ。(ちょっと高めですが、これでも大幅な赤字覚悟の価格ですのでご容赦を・・・)



一方、新刊の準備も整った今日は、ブックカバーとしおりの準備を(ようやく)やっていました。

今回は『書体の研究』に力を注いだため、ブックカバーやしおりの新作はないのですがこれまでの作ったものを一通り持って行く予定です。

ただ、ブックカバーは仕入れ先の都合で材料が入手できなくなってしまい、各デザイン数個ずつしか用意できなさそうです。

一応書いておくと、しおりは『ARIA』、『魔法先生ネギま!』、『涼宮ハルヒの憂鬱』、『Fortune Arterial』あたりが、ブックカバーは『涼宮ハルヒの憂鬱』の北校制服バージョン、『Fortune Arterial』の修智館学院制服バージョンが、それぞれ中心となっています。

詳しくはは過去のエントリの写真をご覧ください。

→ しおり
→ ブックカバー



プレゼントのお知らせ

『書体の研究』創刊を記念して、夏コミ当日に次の条件を満たした方、先着5名様に『書体の研究』vol.1 をプレゼントさせていただきます。

条件といっても簡単なもので、

(1)眼鏡の女の子であること。

(2)コミケの当サークルスペースで私(山王丸榊)に次の合い言葉を言うこと。

合い言葉:「め、眼鏡の女の子じゃ・・・だめですか・・・?」

(ただし、合い言葉は少しうつむき加減ではにかみながら言うこと)

ね、簡単な条件ですよね?





絶対誰も来ないって!(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年8月 1日

●[夏コミ新刊] 『書体の研究』到着!

夏コミ 新刊 『書体の研究』

夏コミ 新刊 『書体の研究』

夏コミ 新刊 『書体の研究』

先日からしつこく告知している夏コミ新刊の『書体の研究』ですが、ついに印刷されたものが届きました!

昨日の夜には、仕上がってきた本が印刷ミスでまったく読めない、という悪夢を見たんですが(実話です)、ざっと確認したところ目立ったミスも無く、ちゃんと印刷されていて一安心です。

1枚目の写真に写っているのは25冊ですが、実際には呆れるほど大量に印刷しています。というか印刷してしまいました・・・

なので、売り切れる心配はほぼないと思われます。


あらためて頒布予定を書いておきますと、夏コミでの配置は以下の通りです。

夏コミ: 2008年 8 月 15 日(金) 東地区 ツ-30b

前にも書いたとおり、申し込んだ時にはこの本を出す予定は無かったので、1日目、少年マンガのエリア、ネギま!島の一番端っこです。

コミケ以外には、現在申し込み中のサンクリ 41(10/5)でも頒布の予定です。

書店委託も申し込んでみますので、もし受けてもらえれば改めて告知したいと思います。

というわけで、興味を持って下さった方はぜひお願いします。

『書体の研究』の内容のプレビューはこちらにあります。
→ [夏コミ新刊] 『書体の研究』最新情報




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ