漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月31日

●[近況報告] いよいよ明日、納品

■ 『書体の研究』

先日、入稿したと書いた夏コミ新刊の『書体の研究』ですが、先ほど印刷所からメールがあり、いよいよ明日届くとのことです。

今までも「しおり」はいくつか印刷を頼んできましたが、同人誌を作るのは初めてなので出来上がりを手に取るのが楽しみです。

たぶんハイになって写真をアップすると思います(笑)

『書体の研究』についての情報はこちらをどうぞ。
→ [夏コミ新刊] 『書体の研究』最新情報


■ 『めしあのいちにち』

そんなわけで入稿した後はすることがないので、たまっている本を読んだりしています。

数日前に読んだ『めしあのいちにち (電撃文庫)』(Amazon)は、ロゴのフォントが『とらドラ!』と同じフォントワークスのレゲエだったという、それだけの理由で買ったんですが思いっきり私の好みの話でした。

今は『生徒会の三振 碧陽学園生徒会議事録3 (富士見ファンタジア文庫)』(Amazon楽天)を読むために、第1巻の『生徒会の一存』(Amazon楽天)から読み直してたりします。別にわざわざ読み直すようなタイプの本じゃないんですが・・・


あと、明日には『レンタルマギカ 魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)』(Amazon楽天)が、10日頃には『とらドラ8!』も発売です。


■ お礼

最後になっちゃいましたが、先日「欧文フォントのいい調べ方を教えて」と書いたところ数人の方からアドバイスをいただきました。みなさん有難うございました。今度ネタにさせていただきますね。

ちなみに、いただいたアドバイスが全部同じだったのが面白かったです。


Average Rating:
  • 出版社:アスキー・メディアワークス
  • 価格 :¥ 641



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年7月24日

●[フォント] 『セキレイ』のロゴ

『セキレイ』のフォント

*画像はTVアニメ『セキレイ』OPより((c)極楽院櫻子/スクウェアエニックス・鶺鴒計画)

今日は『セキレイ』のタイトルロゴに使われているフォントの話です。

『セキレイ』のフォント

『セキレイ』のロゴは、おそらくGray Graphics さんの「Citrus Fruits」というフォントを元にデザインされたものと思われます。

上の画像で見ていただければ分かるように、縦線の幅がかなり太くなっていたり、線の端のカールさせ方がちょこちょこ違っていたりしますが、これだけ似ているのですからおそらく合っているかと思います。


このフォントの話はこれ以上ふくらましようが無いので(笑)作品の話を少ししますと、このマンガ、みんな大きすぎて私にはちょっと・・・な感じです。

何が大きいのかって、見た方には分かりますよね。

とはいえ、話自体は結構好きなのでアニメは毎週楽しみに見ています(別に草野がお目当てとか、そういうわけではありません)。

公式サイトでネットラジオもやっていますが、結役の早見沙織さん、本物の17歳とは思えないほどの落ち着きっぷり。とういうか、高校生なのにむちゃくちゃしっかりしてる上に演技も上手いですよね。『我が家のお稲荷様』のコウも良かったですが、こういう元気な役にも合っていて良い感じです。

あと、松がどうしても『魔法先生ネギま!』の長谷川千雨に見えてしまうのは私だけ?


『セキレイ』のフォント

(ほんとは何かパロディロゴを作ろうと思ったんですが、こんなのしか思いつかなかった・・・)


Average Rating:
  • 販売元:アニプレックス
  • 価格 :¥ 6,090



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年7月21日

●[フォント] 『ゼロの使い魔』のロゴ

ようやく夏コミ新刊『書体の研究』が完成して、先ほどデータを印刷所に送ることが出来ました。

あとはデータに不備がなく、ちゃんと印刷が仕上がってくるのを祈るばかりです。


そんなわけで、今日は久しぶりにフォントの話題を。

本日のお題は『ゼロの使い魔』

『ゼロの使い魔』 ロゴのフォント

*画像は13巻の表紙。(c) ヤマグチノボル・兎塚エイジ/メディアファクトリー


『ゼロの使い魔』 ロゴのフォント

このロゴは、いろんなところがくさび形に変形されているうえに、仮名と漢字で違うフォントが使われているので分かりにくいのですが、次の2つのフォントが使用されています。

仮名が小町G だいというのは、「ゼ」の1画目の傾きが大きいことや、「い」の1画目の曲り方が独特なことなどから比較的分かりやすいと思います。

なお、小町Gはタイプバンクが出している「味岡伸太郎かな」シリーズの1つですが、リョービイマジクスが販売している同名のフォントと基本的に同じものです(ウエイトの展開は違うようです)。


一方、漢字の方はなにしろ2文字しかないので少し自信がないのですが、この太さで、線端にアクセントを持っているフォントを探したところ、モリサワのゴシックMB101 だろうという結論になりました。

「魔」の「鬼」の部分の左下ハライが一致していないのが気になりますが、おそらく全体のまとまりを考えてアレンジされたのでしょう。


Average Rating:
  • 販売元:メディアファクトリー
  • 価格 :¥ 3,990
Average Rating:not rated
  • 販売元:リョービイマジクス
  • 価格 :¥ 15,750



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年7月20日

●[夏コミ新刊] 『書体の研究』最新情報

夏コミで頒布予定のおたくのためのフォント読本『書体の研究』の最新情報です。

ようやく全ページ出来上がりました。

昨日の夜に、編集後記を書き終えたばかりです。

あとは入稿用にファイルをまとめて、印刷所に送るのみです。

というわけで内容も確定しましたので、前回より少し多めのプレビューを。

ただし、最初の6枚は前回のプレビュー画像を流用していますので、実際とは微妙に変わっております。

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

夏コミ 新刊『書体の研究』 しょたけん

「架空文字研究所」のコーナーでは『精霊の守り人』のヨゴ文字を取り上げています。

文字の画像は君野さまで公開されている50音表を使わせていただきました。
→ 君野:「ヨゴ文字フォント50音対応表アップデート」

限られた画像からのこの解析能力はすごいの一言です。


あと、巻末には「資料編」として書体見本を載せております。

一応、その号で取り上げた書体の中から4つほど選んで、全ウエイト対応のサンプルを載せようと考えていますので、集めればフォントの見本帳になるというわけです(ただし、『書体の研究』が続けば、ですが(笑))。

あと、上の画像には出ていませんが、本書で使用したフォントを説明しているページもあります。

つまり、第何ページの見出は○○で、本文は××、表紙のロゴは△△だとかいった感じで、使ったフォントの名前を書いていますので、この本自体もちょっとしたフォントの使用見本として見ていただけます。


ページ数は36の予定がさらに増えて40ページ。全ページフルカラーのオフセット印刷です。

夏コミでのスペースは 2008年 8 月 15 日(金) 東地区 ツ-30b

申し込んだ時はこの本を作る予定をしていなかったので、1日目の少年漫画のコーナーに配置されています・・・

興味を持って下さった方は是非のぞきに来てくださいませ。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年7月13日

●[フォント] ご質問への回答

メールフォームからフォントに関するご質問をいただいたので、そのお返事です(ほとんどご質問をいただいたひろさんへの私信ですが・・・)。


送っていただいた画像の文字は、おそらく上側が、Helvetica Extra Compressed と Century Gothic、下側が Impact だと思われます。

Century Githic と Impact は Windows には標準で入っているフォントです。

Helvetica はWindows には入っていないフォントで、普通に購入すると1ウエイトで 4,000 円以上したりします。

以前にも書いたかも知れませんが、『TrueType フォントパーフェクトコレクション』という CD-ROM 付き書籍に入っている Swiss 911 Extra Compressed というフォントが Helvetica Extra Compressed なので(似ているのではなく全く同じ)、TrueType でかまわない場合はこちらの方がはるかに安くすみます。

ちなみに Impact は、Helvetica Compressed とかなり似ているのですが、「J」(大文字)の形が明らかにちがうので区別しやすいです。あと、「8」や「B」の上下の長さの比率が違うのも区別するポイントです。



あと、どうすればフォントの違いが分かるのかというご質問ですが、これははっきり言って私が教えて欲しいくらいです(笑)

今回のような知名度の高いフォントで、自分でも持っているような場合には簡単なのですが、なにしろ欧文フォントは書体の数が多すぎて探すのが大変です。

そんなワケで、欧文書体のいい探し方をご存じの方がいらっしゃったらアドバイスをお願いします。

一方、和文書体については書体数が(欧文に比べれば)少ないので、メーカーのサイトにある書体見本や見本帳を探しまくればなんとか見つけられるはずです。

私自身、ブログでは結果だけを書いているので、ひと目見て分かったかのように思われるかも知れませんが、場合によっては何時間もかけて必死に探していたりします・・・

あと、和文書体を比較する時には、漢字では違いが分かりにくいので、形に大きく差が出やすい平仮名を見るのが基本です。とくに「な」、「か」、「の」あたりが分かりやすいかと思います。

この当たりの話は、また機会があればちゃんと書きたいと思います。


Average Rating:
  • 著作者:インプレス編集部、深沢 英次
  • 出版社:インプレスジャパン
  • 価格 :¥ 3,129



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年7月 8日

●[同人誌] 「日本語書体少女」

ネットで検索していて偶然見つけたんですが、イオシスでデザインを担当されていらっしゃる宮戸さんという方が、『日本語書体少女』という同人誌を発行されているそうです。

発行がいつだったのかも、どんな内容かもまったく分からないんですが、書体の本であることは間違いないと思うので読んでみたいと思っていたんですが、今度の夏コミで再版されるそうです。
→ 「日本語書体少女、再版します」

再版される部数は多くないようですので、3日目は真っ先にコレを買いに行こう・・・

あと、デザイン系同人誌である『オタクとデザイン』とか『オタクブックス』も新刊が出るようなのでこちらも楽しみです。


ちなみに、何を検索していて見つけたのかというと、今作っている『書体の研究』のように、フォントや書体を題材とした同人誌をこれまでに誰か作っていないか探していたんです。

先達がいれば、参考にしたいというのと、あとネタがかぶらないようにしたいというわけです。

ところが、いろいろ探してみたんですが今のところそれらしいものは上に書いた『日本語書体少女』しか見つかりませんでした。

というわけで、『書体の研究』は(無事に発行されれば)日本で2番目の書体系同人誌ということに(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年7月 5日

●[近況報告] 本日の教訓

本日の教訓

「入稿前に引越ししてはいけない」


みなさまお久しぶりです。

引越しのため、1週間ほど更新をお休みしていましたが、昨日、なんとか引越しが終わりました。

そして今日の午前には光ファイバーの工事も終わり、いよいろ PC を立ち上げて夏コミ新刊の原稿を仕上げるぞ!

・・・と思って PC を起動してみると、なんと!



液晶ディスプレイが思いっきり割れてるよ!!

ど真ん中に蜘蛛の巣のようにヒビが入っていて、ぜんぜん使えないよ!!

引越しでスッカラカンだし、24.4インチのモニター買い直す余裕なんてナイヨ!!



そんなわけで、今は応急措置としてテレビにPCをつないでいます。

メール程度ならいいんですが、これで Illustrator の作業をするのはかなり無理がありそうです。

引越し業者に補償してもらえそうなんですが、直ってくるのはいつになることやら・・・

こんな調子で入稿、間に合うんだろうか?


というわけで、引越しは入稿してからにしましょう。

(正直、泣きそうです・・・)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ