漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月29日

●[著作権] 日本版フェアユースで同人誌やMADが合法に!?

すでに新聞などでも報道されているのでご存じの方も多いかと思いますが、現在、知的財産戦略本部の「デジタル・ネット時代における知財制度専門調査会」において、著作権法にフェアユースの規定を導入することが検討されています。

今日は、フェアユースの導入が、同人誌や ニコニコ動画にアップされているような MAD などの二次創作にどう影響するか、という話です。

(ここ数日、著作権がらみのニュースといえばダビング 10 が先送りになりそうという話ばかり。
→ コデラノブログ3:「今日はダビング10関連が盛りだくさんだ」

この日本版フェアユースのことはほとんど話題になっていないんですが、オタク的視点でも、法学的視点でも、絶対こっちの方が面白い話題だと思うんですが・・・)


■ フェアユースとは

フェアユースというのは、アメリカの著作権法上の考え方の一つで、フェア、つまり「公正」だと考えられる一定の態様であれば、他人の著作物を無断で利用しても著作権の侵害としないというものです。
→ Wikipedia:「フェアユース」

例えば、非営利の教育や研究を目的とした利用であって、それによって著作権者の商業活動を妨げないようなものについては、このフェアユースに当たる可能性が高いといえます。

日本と違ってアメリカの Wikipedia にはアニメやマンガなどの画像が引用されていますが、これもこのフェアユースが認められているおかげです。

また、日本と違ってアメリカでは、私的使用を認める明文の規定がないので、家庭内でテレビ放送を録画するような場合についても、このフェアユースの規定が適用されることになります(「ベータマックス事件」)。

ただし、アメリカの著作権法にはフェアユースであるか否かの判断基準が明確に定められているわけではないので、その判断は個々の事情を勘案して行われるので正直なところ裁判になってみないと分かりません(笑)(もちろん判例の蓄積がある分野であればある程度の予測性はあるのですが)


■ 日本版フェアユースの必要性

このフェアユースの規定を日本にも導入しようというのが冒頭にも述べたように現在議論されているんですが、いったい何のためにでしょうか?

日本の著作権法には、既に「私的使用のための複製(30条)」、「図書館等における複製(31条)」、「引用(32条)」、「教科用図書等への掲載(33条)」など、いくつかのケースについて著作権を制限する規定があります。

例えばこのブログでは、権利者の許諾を得ずにアニメや書籍の画像を掲載していますが、これは著作権法 32 条によって定められている「引用」の形をとっているから認められることなのです。

このようなルールが既に整備されているにもかかわらず、さらに日本の著作権法にフェアユースの考え方を導入しようとするのには、もちろん理由があります。

「デジタル・ネット時代における知財制度専門調査会」の議事録を読むと、どうやら検索サービス(サーチエンジン)のサーバを国内に設置しても問題ないようにしたり、研究開発目的で著作物の複製を行うことを適法化するのが主な目的のようです。

確かに現在の著作権法では、Google のような検索サービスを立ち上げようと思ってサイトの情報を収集した場合、「私的」ではない目的のために著作物(ウェブサイトの内容)を複製するので著作権の侵害になってしまうんですよね。

なので、実際に訴訟になる可能性があるかどうかはともかく、余計なリスクを負わないためにサーバをアメリカに置いたりしているわけです(アメリカではフェアユースなので侵害ではないとされています)。

もっと細かいことを言うなら、プロキシサーバでデータをキャッシュすることすらも、現在の法律では違法となってしまう可能性があるんですよね(仮に裁判になったとしても、実際には「黙示の許諾」がどうこうとか理屈をこねて、侵害とされないと思いますが)。

で、こんなことまで著作権侵害としちゃうのはおかしいし、技術開発を妨げることにもなるというわけで、全部ひっくるめてフェアユースだということで認めてしまえばいいのでは、というのが今回のお話です。


■ 二次創作はフェアユースか?

このように、今回の日本版フェアユース導入の提案は、別に同人誌などの二次創作物を保護するためのものでは無いわけですが、許諾なしで著作物を利用できる範囲が広がることにはかわりありません。とすれば、もしかしたら結果的に二次創作が合法となるような可能性は無いのでしょうか?

まず現状を確認しておきますと、他人の著作物を元にした二次創作物(同人誌や MAD 動画など)は、同人イベントで頒布したり、動画サイトへ投稿した段階で「私的使用」では無いことが明らかなので、多くの場合著作権侵害となります。

にもかかわらず、多くの同人誌が出回っているのは、著作権が「親告罪」だからです(123 条)。

「親告罪」とは、被害者(この場合権利者)が告発しなければ裁判にならないというもので、ようするに著作権者が気づかないか、気づいても見逃してくれるなら OK 。これが二次創作の現状です。

もしもこれらの二次創作物が他人の著作物の「フェア」な使用であると認められるならば、同人誌や MAD が合法となり、二次創作物の制作者(同人作家など)にとっては訴訟リスクを負わずに創作活動ができることになるわけですから日本版フェアユース導入のメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

そこで、「フェアユース」であるかどうかはどういう基準で決まるのかというところに話は戻ります。

先ほども述べたように、アメリカでは、過去の判例などから大まかな基準が決まっており、「目的」、「性質」、「量」、「影響」の4つの要素から総合的に判断されると言われています。

ここで「目的」としては、やはり営利目的でない場合にフェアユースと認められることが多いようです。
→ 「米国著作権法における「フェア・ユース」の考え方について」

とすると、有償で頒布される同人誌はかなり微妙かも知れません。

一方、MAD 動画の場合には無償で公開されることが多いので、その点では要件を満たしていると言えそうです。

また、「目的」の具体的な中身としては、教育や批評、研究などのためであれば「フェアユース」であると認められることが多く、反対に娯楽目的の場合には認められないことが多いようです。

だとすると、フェアユースが導入されても多くの同人誌や MAD は依然として著作権侵害の可能性が高いままとなりそうです。残念・・・

もっとも、フェアユースのような一般条項の場合には解釈の余地が非常に広いので裁判次第、というか裁判官次第な部分も大きいわけです。

そして裁判なんて言うものは、始めに結論があって、それをもっともらしく理屈をこねて理論づけるのが通例であって、はっきり言って裁判官次第なわけです。だから、例えば「同人誌大好き」とか「アイマス MAD 最高」みたいな裁判官がいて、二次創作なんてフェアユースに決まってるよと判示してくれればそれが判例となってその後の裁判に影響するので、これが最高裁判決だったりすればもう二次創作は安泰ということになっちゃうわけです。

というわけで、日本版フェアユースが導入された暁には、とりあえず誰かが人柱となって訴えられて、最高裁まで行ってください(笑)


(追記)

同人誌や MAD などの二次創作物の適法性を議論するときによく引き合いに出されるものに、フランスのパロディ条項があります(知的保有権法典第122条の5第4項)。
→ [著作権]パロディ条項とフェアユース

これは、私的使用とおなじように「もじり、 模作及び風刺画」についても著作権侵害としないというもので、フランス独自のものです。

日本でもフランスのようにパロディを文化として認める寛容な考え方が広まればいいのですが。

このあたりのお話は、【談話室たけくま】の「日本の著作権は「鹿鳴館」である」という記事が面白いです。


フェアユースなどに言及されている他の方のエントリ




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月26日

●[フォント] 『CLANNAD』のロゴ

『CLANNAD』のロゴのフォント

『CLANNAD』智代編の上映会当たったー!!

というわけで(?)、今日はクラナドのフォントのお話を。


実はかなり以前から『CLANNAD』のロゴのフォントを探しているんですが、未だに見つかりません。

このロゴは、「A」の文字のバー(横棒)がやたら高い位置にあるのが特徴的なのですが、こういうフォントは非常に珍しいです。

例えば、Ardeco 1 は「A」の文字のクロスバーが高い位置にあるのですが、「A」以外の文字は全然違います。

そこで、「A」はオリジナルのフォントに手を加えてあると考えて、「A」以外の文字が似ているフォントを探してみました。

その結果、完全に同じものは見つけられなかったのですが、結構似ていて代わりに使ってもそれほど違和感がなさそうなフォントがあったのでご紹介しておきます。

6/1 追記:正確なフォントが分かりました。詳しくは 6/1 のエントリをご覧下さい。

『CLANNAD』のロゴのフォント

「Lane - Narrow」は横幅を 80 % に縮小してあります。

どのフォントも「A」のバーの位置が低いので、そこだけ修正してやればかなり似ていると思います。


Average Rating:
  • レーベル:PONYCANYON INC.(PC)(M)
  • 価格 :¥ 3,000



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月22日

●[フォント] 『リトルバスターズ!』のロゴ

『リトルバスターズ!』のフォント


(この記事は 5/18 のエントリ:[フォント] 『魔法先生ネギま!』の続きです。)


さて、同じフォントを使っている作品を紹介していくこの企画も今日で第4回目。

前回の『魔法先生ネギま!』ではライン G ギガ Jrという2つのフォントがロゴに使われていましたが、今回取り上げるのは同じく「ギガ Jr」 を使っている『リトルバスターズ!』(Visual Art's / Key)のロゴです。
→ ギガ Jr(視覚デザイン研究所)


『リトルバスターズ!』のフォント

(画像をクリックで拡大)

『リトルバスターズ!』のロゴでは、カタカナは全て視覚デザイン研究所の「ギガ Jr」 で作られています。

ただ、上の画像にあるように「リトルバスターズ!」の部分は元のフォントそのままではなく、1文字1文字の幅が小さくなるように、例えば、「バ」の左ハライと右ハライを近づけるといった調整がしてあります。

単に横方向に縮小(長体)しているのではありません。長体にしてしまうと縦横の線幅が変わってしまうのです。

一方、「エクスタシー」の文字は横幅を増すように調整してあります。

こちらも単に平体にしているのではありませんが、Illustrator があれば、アウトライン化してアンカーポイントを引っ張るだけなのですぐにマネすることができます。

英文フォントははっきり分からなかったのですが、Helvetica Compressed に平体をかけたものが近いようです。


『リトルバスターズ!』のフォント

というわけで、今回は『リトルバスターズ』と『魔法先生ネギま!』のロゴのフォントは同じ、というお話でした。


さて、フォントつながりでいろんな作品のロゴを紹介していくこの企画。次回は何が来るのでしょうか?

同じフォントでつないでいく縛りは思いのほか厳しいもので、あと何回続けられることやら・・・


→ フォント関連のエントリのまとめはこちら(読み込みに若干時間がかかります)


Average Rating:not rated
  • 出版社:エムディエヌコーポレーション
  • 価格 :¥ 2,625



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月18日

●[フォント] 『魔法先生ネギま!』

『魔法先生ネギま!』ロゴのフォント


(この記事は 5/15 のエントリ:[フォント] 『バカとテストと召喚獣』の続きです。)


こんにちは。榊です。

前回、前々回と、『クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い(西尾維新文庫)』『バカとテストと召喚獣(ファミ通文庫)』のロゴに視覚デザイン研究所の「ライン G」というフォントが使用されていることを紹介してきました。
→ 5/12:[フォント] 西尾維新文庫
→ 5/15:[フォント] 『バカとテストと召喚獣』
→ ライン G(視覚デザイン研究所)

そして前回の最後に、「次回もライン G をロゴに使っている作品を紹介したいと思います」と書いていたわけですが、その作品とはこの『魔法先生ネギま!』です。


『魔法先生ネギま!』ロゴのフォント

(画像をクリックで拡大)

上の画像にあるように、実はこの『魔法先生ネギま!』のロゴは、ライン G ギガ Jrという2つのフォントを元に作られています。

2つとも視覚デザイン研究所のフォントです。
→ ライン G(視覚デザイン研究所)
→ ギガ Jr(視覚デザイン研究所)

上の「魔法先生」の文字はほぼ元のフォントのままなんですが、「ネギま!」の文字は大幅にアレンジされていることが分かります。

特に、「ま」の文字は横画を「ギ」の2本にあわせるとともに、下に伸ばしてオリジナリティを出しています。

『ネギま!』は以前から読んでいたんですが、これまでずっと独自にデザインしたロゴなんだと思っていました。実はこうやって既存のフォントを上手くアレンジしていたんですね。


というわけで、ここ3回で紹介した3作品のロゴにはいずれも「ライン G」が使われていました。

『魔法先生ネギま!』ロゴのフォント

下に簡単な書体サンプルも載せておきますが、この「ライン G」は個性がありながらも可読性は高く、一見くせが強そうですが実は意外とどんな用途にでもなじむ秀逸な書体だと思います。

もう、ロゴに使ってくれと言わんばかりのフォントですね。

フォント ラインG

(画像をクリックで拡大)


さて、フォントつながりでいろんな作品のロゴを紹介していくこの企画。今回で3回目でした。

次回は、「ギガ Jr」をロゴに使っている「あのゲーム」を紹介する予定です。

超メジャー作品ですが、結構意外だと思います(バレバレだったら恥ずかしいですが(笑))。どうぞお楽しみに。


5/23 追記:この記事の続き(第4回)はこちら

→ フォント関連のエントリのまとめはこちら(読み込みに若干時間がかかります)


Average Rating:not rated
  • 販売元:視覚デザイン研究所
  • 価格 :¥ 18,900
Average Rating:
  • 著作者:赤松 健(著)
  • 出版社:講談社
  • 価格 :¥ 420



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月15日

●[フォント] 『バカとテストと召喚獣』

『バカとテストと召喚獣』ロゴのフォント


(この記事は 5/12 のエントリ「[フォント] 西尾維新文庫」の続きです。)


前回のエントリでは、西尾維新文庫の『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』のロゴがライン G(視覚デザイン研究所)とDF 綜藝体(ダイナコムウェア)だということをご紹介しました。

そしてその最後に、ライン G がいろんなところで使われると書きましたが、今回はその1例です。

上に画像をのせているように、『バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)』です。

『バカとテストと召喚獣』ロゴのフォント

(画像をクリックで拡大)

10° とほど斜体がかけてあるのと、1文字目の「バ」や最後の「獣」の文字がアレンジされていますが、西尾維新文庫と同じくライン G が使われています(ウエイトは E)。

また、よく見ると分かるんですがイラスト的なアレンジだけでなく、「カ」の文字の第1画の下部分を少し左側へ傾けてあったり、「バカと」の「と」の文字だけウエイトを「U(一番太い)」に変えてあったり(上の再現画像では直し忘れて E のままです)と、全体的なバランスを考慮してデザインされています。

ライン G はもともとロゴ向きのフォントですが、こういった細かい気配りによってさらにまとまりの良いロゴに仕上がっていると思います。

ちなみに、表紙の著者名も同じフォントですね。


というわけで、今回は『バカとテストと召喚獣』のロゴのフォントでした。

冒頭で、この記事が前回の『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』の続きだということを書きましたが、この調子であと数回、フォントつながりでいくつかの作品のロゴを紹介していく予定です。

今回取り上げた『バカとテストと召喚獣』ではライン G だけが使われていましたので、フォントつながりということで、次回もライン G をロゴに使っている作品を紹介したいと思います。

さて、一体何がくるのでしょうか?(既に決まっています。アニメ化もされているあの作品です・・・)


5/18 追記:この記事の続きはこちら
→ 5/18:[フォント] 『魔法先生ネギま!』


→ フォント関連のエントリのまとめはこちら(読み込みに若干時間がかかります)


Average Rating:not rated
  • 販売元:視覚デザイン研究所
  • 価格 :¥ 18,900
Average Rating:not rated
  • レーベル:movic co.,LTD.(PLC)(M)
  • 価格 :¥ 3,150



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月12日

●[フォント] 西尾維新文庫

西尾維新文庫 『クビキリサイクル』のフォント

こんばんは。榊です。

ラノベ関係のブログのつもりだったんですが、気がつけば完全にアニメ関係のフォントの話ばっかり・・・

せめて小説関係のフォントを、ということで今日は
西尾維新文庫の『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』のロゴについて。


フォントの選択といい、色遣いといい、なかなかインパクトのあるロゴになっています。

早速ですが、どんなフォントを使っているかというと・・・

西尾維新文庫 『クビキリサイクル』のフォント

(画像をクリックで拡大)


使用フォントは以下の通り。

今日はこれだけなんですが、この「ライン G」というフォントは本当にいろんなところで使われています。

そんなわけで、次回は「ライン G」を使っている別作品のロゴをご紹介する予定です。

5/15 追記:この記事の続きはこちら
→ 5/15:[フォント] 『バカとテストと召喚獣』


Average Rating:
  • 販売元:ダイナコムウェア
  • 価格 :¥ 14,490



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月10日

●[フォント] 『ToLOVEる』のテロップ

『ToLOVEる』テロップのフォント

今回は『ToLOVEる』のフォントについて。

といっても、上の画像にあるロゴの話ではなく、アニメOP のテロップに使われているフォントです。

『ToLOVEる』テロップのフォント

画像が多くて重くなってます。ごめんなさい。

続きを読む "[フォント] 『ToLOVEる』のテロップ"



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月 6日

●[フォント] 『苺ましまろ』ロゴの謎

『苺ましまろ』のコミックス版でのロゴは、見ての通りタイポス(タイプバンク)なんですが、一つ謎があります。

それは、タイポスは<仮名書体>であることです。

実は、今年(2008 年)の始めに漢字を含めたフォントが漢字タイポスとしてリリースされています。

ですが、『苺ましまろ』の連載が始まったのは 2001 年。

当時、タイポスの漢字書体は存在していないわけで、じゃあ「苺」の文字は一体どうなっているんでしょう?

(タイポスの漢字書体は写植時代(30 年ほど前)に既に制作されていたんですが、お蔵入りになっていたのです。)


この問題、以前から気になっていたんですが、分かってみれば単純なことでした。

単に「苺」の文字のみ、似たフォントであるキアロ(フォントワークス)が使用されていたのでした(下図参照)。


苺ましまろ ロゴのフォント


キアロ系のフォント(同じくフォントワークスのスキップとか、モリサワのフォークなど。個人的に「くさび書体」と読んでます)はいろんなところで使われているので目にしたこともあるかと思います。

たとえば、『とらドラ !』の表紙の著者名もキアロだったりします(下図参照)。

とらドラ! フォント


→ タイプバンク
→ フォントワークス


Average Rating:
  • 著作者:ばらスィー(著)
  • 出版社:メディアワークス
  • 価格 :¥ 578



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


●[ブログ] メールフォーム設置

こんにちは。『まほらば』の途中の話を初めてちらっと観たとき、黒崎 沙夜子(内職の人)がヒロイン役だと思ってしまった榊です(第1話からちゃんと観たときあまりの勘違いに吹きました・・・)


突然ですが、メールフォームを設置してみました。

上のバナーにも書いていますが、感想でも何でもいいので使ってやってください。

あと、この作品(アニメ・マンガ・ラノベなど)で使われているフォントが何か調べてくれ、といった感じのリクエストも歓迎です。

→ メールフォーム




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年5月 3日

●[フォント] 図書館戦争の話の続き

4/29 のエントリ「●[フォント] 『図書館戦争』のロゴ」の続きです。

前回は時間が無くてアップできなかったんですが、『図書館戦争』のロゴを別作品風に変えてみたらどうなるか試してみました。

まあ、ロゴの話では定番ですね。


図書館戦争 ロゴのフォント


図書館戦争 ロゴのフォント

『さよなら絶望先生』

使用フォント


図書館戦争 ロゴのフォント

『らき☆すた』

使用フォント




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ