漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月29日

●[フォント] 『図書館戦争』のロゴ

『図書館戦争』ロゴのフォント

今日はこの春からアニメが始まっている『図書館戦争』のロゴのお話を。

アニメの内容自体も好きなんですが、シンプルですっきりした文字だけのこのタイトルロゴが非常に好みです。



『図書館戦争』ロゴのフォント

使われているフォントは以下の通り。

どれも非常に有名なフォントですね。

Futura は Wikipedia にも書いてありますが、例えば、フォルクス・ワーゲンルイ・ヴィトンのロゴがこのフォントです。

上の画像の Futura はウエイト適当です。微妙にあっていない気も・・・

新ゴとネオツデイはモリサワのフォント。

「戦争」の文字は若干もとのフォントからアレンジしてあります。

それにしても、前回の『マクロスF』といい、アニメの世界でもモリサワのフォントの使用率が高いですね。



『図書館戦争』ロゴのフォント

スタッフロールを見ると、タイトルロゴ・デザインは草野剛さん。

草野剛さんといえばあの『エウレカセブン』のロゴデザインをされた方ですね。納得です。

ちなみに、単行本の表紙にあるロゴはアニメのロゴと別物なのでご注意を。

この話の続きはこちらへ
→ [フォント] 図書館戦争の話の続き


画像は『図書館戦争』(有川浩/アスキー・メディアワークス/図書館戦争製作委員会)OP より引用。


単行本
図書館戦争 《単行本》
Average Rating:
  • 著作者:有川 浩(著)
  • 出版社:メディアワークス
  • 価格 :¥ 1,680



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年4月12日

●[フォント] 『マクロスF』におけるサインシステム

『マクロスF』とフォント

この画像は、『マクロスF』第1話の鉄道駅のシーンに登場したサインです。

日本語フォントはどうみても新ゴです

西暦 2059 年になっても新ゴは現役なんですね。恐るべしモリサワ・・・

おまけに、後ろに隠れている「のりこし精算機」の黄色い看板なんて、もしかしたら東京メトロのサインそのまんま何じゃないかと思わせるくらい、現在のサインとそっくり。

このあたりのセンスは、悪く言えばひねりがないわけですが、個人的には極めて近い未来を舞台にする SF 作品において、現在との適度な地続き感を演出する上で好ましいのではないかと思います。


では、もう少しフォントをよく見てみましょう。

『マクロスF』とフォント

まず、日本語はやはりモリサワの新ゴですね。

このフォントは、日本に暮らしていて新ゴを目にしない日はないというくらい多用されているもので、サインシステムでも、東京メトロなんかでも使われていますね。
→ 参考:東京メトロのニュースリーリース

『マクロスF』とフォント

このサインの右下には小さい文字で「FRONTIER METRO(フロンティア・メトロ)」、「Frontier Transport Group(フロンティア・トランスポート・グループ)」という名前が書かれており、ますますそれっぽいですよね。


『マクロスF』とフォント

で、その類推から英文フォントは東京メトロと同じ Frutiger(フルティガー)かと思ったのですがどうも Myriad のようです。

Myriad といえば、Apple や Adobe が製品ロゴなどに使っていることでも有名で、Photoshop などの Adobe 製ソフトには付いているので持っている方も多いのではないでしょうか。


『マクロスF』とフォント

こちらの空港(宇宙港)のサインも Myriad ですね(あれ、これはマクロスフロンティアとちがう場所でしたっけ?)。


『マクロスF』とフォント

一方で、入国ゲート(?)の付近の案内表示では、日本語は新ゴであるものの、英文は grotesk 系のフォントが使用されていて雰囲気がかなり変わっています。


*画像は『マクロスF』(MBS、ビックウエスト、マクロスF製作委員会)第1話より引用。


Average Rating:not rated
  • 販売元:バンダイビジュアル
  • 価格 :¥ 3,990



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年4月 5日

●[フォント] 『まなびストレート!』のロゴ

『まなびストレート!』のフォント

今日は『まなびストレート!』のタイトルロゴに使われているフォントのお話を。

個人的にとても好きな作品(特に、アニメ版)なのですが、このロゴを始め、作中での小物やモニターグラフィックスなど、細かいところのデザインまで非常にセンスが良く、さすが ufotable といった感じです(『空の境界』の映画も評判良さそうですね)。


では、そのロゴにどんなフォントが使われているか見てみましょう・・・

『まなびストレート!』のフォント

『まなびストレート!』のフォント

『まなびストレート!』のフォント


使われているフォントは次の3つ。

「JTU じゃんけん U」は、あの『よつばと!』でも使われているフォントですね。
→ 参考:2007/12/06「[ロゴ] 今度は『よつばと!』のフォント」

メインのロゴ部分は「タイプラボ N」のウエイトは U を使ってみました。

1文字目の「ま」の最後を伸ばしたり、「び」の濁点を桜の花びらにしたり、「!」の下の点を★にしたりと色々アレンジされています。

「ストレート」の部分も、単に詰めるだけではなく「ト」の横棒を短くするなどしてバランスを崩さずコンパクトに。

上の画像では、こういったアレンジを全部無視してとりあえず位置をあわせて文字を配置しただけなのでところどころ破綻していますが、色をつけると結構それらしく見えてきますね。

ちなみに、「タイプラボ N」はモリサワから販売されているフォントですが、フォントワークスの「NTLG_Rod」も基本的には同じ書体です。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ