漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月20日

●[フォント] 『文学少女』と『キノ』

ダイナコムウェア(旧ダイナラブ)のフォントといえば、なんとなく「安かろう悪かろう」的なイメージで、使い出がないような印象を持っていたんですが、意外とそうでもないようです。

金文体なんかはあちこちで使われていて非常に有名ですが、それ以外にもこんなメジャーなライトノベルのタイトル文字にダイナコムウェアのフォントが使われていました。


■ キノの旅

キノの旅

適度な太さで重厚感があり、白地にダークグリーンという色合いも手伝って非常に落ち着いた印象のこの『キノの旅』のタイトルロゴ。

これがダイナコムウェアの太楷書体でした。

キノの旅

こうやって見ると、ダイナコムウェアのフォントも悪くないなという思えてきます。



■ ''文学少女''シリーズ

文学少女と死にたがりの道化

一方で、個人的に超おすすめの文学少女シリーズ

こちらのタイトルフォントはダイナコムウェアの細楷書体でした。

線の細さと、そのやや不安定な印象が遠子先輩のイメージにピッタリです。

文学少女と死にたがりの道化

ただしこのフォント、普段使っても「単なるバランスの悪い文字」にしか見えないような気も・・・


Average Rating:
  • 販売元:ダイナコムウェア
  • 価格 :¥ 14,490
Average Rating:
  • 著作者:時雨沢 恵一(著)、黒星 紅白(イラスト)
  • 出版社:メディアワークス
  • 価格 :¥ 557
Average Rating:
  • 著作者:野村 美月(著)、竹岡 美穂(イラスト)
  • 出版社:エンターブレイン
  • 価格 :¥ 588



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年3月12日

●[フォント] 『灼眼のシャナ』のロゴ

灼眼のシャナ


今日は、『灼眼のシャナ』のタイトルに使われているフォントについてのお話を。

ごった煮ちゃんぽんさんのところで、リュウミンじゃないかと書かれていたので、てっきりそうだと思っていたんですが、どうやってみても合いません。

元のロゴが、文字を斜めに変形させているので、その角度が合っていないせいかといろいろ試していたんですが、冷静になって見てみたらそもそもの字形が違う模様。

「の」の左下に、筆の運びにあわせて線が細い部分があるフォントは結構少ないので探しやすいわけで、モリサワの見出しミン MA31で組んでみるとピッタリでした。

灼眼のシャナ

真ん中のオリジナルに対して、左が見だしミン、右がリュウミン。


灼眼のシャナ

色つきだとちょっと分かりにくいので黒一色にするとこんな感じです。

丸をつけている部分あたりを見ると、違いが一目瞭然だと想います。


ちなみに、後から気がついたんですが、ごった煮ちゃんぽんさんのところではアニメ版のロゴのことを書かれていたようです。おそらく、アニメと文庫で違うフォントが使われていたんでしょう。

もしかしたら、コミックス版のロゴも違うのでしょうか・・・


Average Rating:
  • 著作者:高橋 弥七郎(著)、笹倉 綾人(イラスト)
  • 出版社:メディアワークス
  • 価格 :¥ 578



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年3月 2日

●[狼と香辛料] ロゴのフォント(訂正)

『狼と香辛料』 ロゴのフォント


先日、訂正記事を書いたように、『狼と香辛料』のタイトルロゴに使用されているフォントが大日本スクリーン製造の「ケアゲ」ではなくリョービイマジクスの「ナウ(明朝系)」だということに気づきました。

ほんとに始筆の形がそっくりなので、遠目では区別が付かないくらいなんですが、よく見れば、ひらがなの形は結構ちがっていました。


『狼と香辛料』 ロゴのフォント


「と」の文字で比較してみるとこんなかんじです。

左が本物(第1巻の表紙)、真ん中が正解の「ナウ-MM」、そして右側が以前間違えた「ケアゲ W3」です。

こうして並べてみれば違いが一目瞭然ですね。

特に、第1画(縦棒)の角度なんて全然違いました。

こうやって似ているけど微妙にちがうフォントってかなり多いんで、注意しないとだめですね・・・


→ リョービイマジクス




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ