漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月29日

●[訂正] 狼と香辛料のフォントは「ナウ」でした

先日、『狼と香辛料』のタイトルロゴに使用されているフォントが大日本スクリーン製造の「ケアゲ」だと書きましたが、間違いでした!!

正しくは、リョービイマジクスの「ナウ(明朝系)」です。

始筆の形がそっくりなので間違えてしまいましたが、「と」の文字の縦棒の曲り方が明らかに違っていました。

お詫びして、訂正させていただきます。

時間があれば、後日詳しく書こうと思います。

→ リョービイマジクス




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年2月27日

●[雑談] 『デザインのひきだし4』

デザインのひきだし4

『デザインのひきだし』の4巻が出ていたので、仕事帰りに早速買ってきました。

知る人ぞ知るこの本。「プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌」と銘打って、いろいろな印刷やファインペーパーの情報を文字通り「実践」して紹介しています。

今号のテーマは「折り、抜き、紙の加工でこんなことできる!」

その「実践」の結果、表紙からしてすごいことになっています。


デザインのひきだし4

見て分かるように、いろんな形の穴がいっぱい空いています。

デザインのひきだし4

おまけに、お菓子の箱に付いているような開封用のハーフカットまで付いています(「ジッパー罫」というらしいです)。


デザインのひきだし4

この『デザインのひきだし』の良いところは、いろんな紙や特殊印刷の実物サンプルがとじ込みされているところです(ただし、初版のみ)。

紙の質感なんて言うのは実物を見てみないとなかなか伝わらないわけで、そういう意味でもこの本は非常に役に立ちます。

で、こういう本を見ると、当然のようにいろんな技法を使っていたくなるわけですが、さぁ、何を作ろうかな・・・


デザインのひきだし4

ちなみに、これまでに出た『デザインのひきだし』のテーマはそれぞれこんな感じです。

  • 『デザインのひきだし 4』折り/抜き/紙の加工でこんなことできる!(Amazon楽天
  • 『デザインのひきだし 3』コストに優しい おもしろ印刷・アイデア加工(Amazon楽天
  • 『デザインのひきだし 2』オリジナルグッズを作ろう;クラフト紙の A to Z(Amazon楽天
  • 『デザインのひきだし 1』:金銀ぴかぴかな印刷/紙/加工テクニック(Amazon楽天

もう一つ、このシリーズの良いところは使用した紙の銘柄やメーカーは当然のことながら、印刷所や、場合によっては使ったニスのメーカーまで書いているところです。

ちなみに、4巻の表紙の加工は、かみの工作所さんの協力によるものだそうです。

なんと、この表紙が一回の型抜きでできるとは・・・


Average Rating:not rated
  • 著作者:グラフィック社編集部(編さん)
  • 出版社:グラフィック社
  • 価格 :¥ 2,100



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年2月18日

●[フォント] なぜかマンガ・ラノベで人気のフォント

調子に乗って、今日もフォントのお話を。


■ しゅごキャラ

しゅごキャラ

この『しゅごキャラ』のロゴが、視覚デザイン研究所の「メガ丸」と Gray Graphics さんの「Fancy Balloon」というフォントだということは、先日も書いたとおり。
→ 1/26:[ロゴ] 『しゅごキャラ!』のロゴとフォント


そういえば、「なつみかん。」さんのところでひぐらしのフォントを置き換えるっていうネタを以前されていたなぁと思い出し、反対にフォントそのままで文字を置き換えてみたらこうなりました・・・

しゅごシャナ

『しゅごキャラ』風『灼眼のシャナ』。とりあえず『しゅごシャナ』と命名。

なんだか、メロンパンくわえたシャナたんがキャラチェンジして「あたしのこころアンロック!」とか言う謎な作品になりそうです。

結論:ロゴの書体は作品のイメージと不可分であり、勝手に変えてはいけない(笑)。


■ こどものじかん

先ほどの「メガ丸」と、その角ゴシック版の「メガG」というフォントは、マンガやラノベで結構使われていたりします。

こどものじかん

『こどものじかん』のロゴに使われているのは「メガG」。

中央の「の」の字は何かと思って検索してみたところ、同じく視覚デザイン研究所の「ギガJr」だそうです。
→ ごった煮ちゃんぽん:漫画・アニメなどでの使用フォントまとめ


■ 吉永さん家のガーゴイル

吉永さん家のガーゴイル

ファミ通文庫の『吉永さん家のガーゴイル』のフォントも「メガ丸」と「メガG」の組み合わせ。

『吉永さん家のガーゴイル』に限らず、ファミ通文庫は全体的にメリハリのついたフォントの使い方をしていて、個人的に好きなデザインです。公式サイトのデザインも統一感があっていいですね。


Average Rating:not rated
  • 販売元:視覚デザイン研究所
  • 価格 :¥ 35,700



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年2月17日

●[フォント] 『狼と香辛料』のぐりぐりフォント

狼と香辛料のフォント

『狼と香辛料』のタイトルフォントが大日本スクリーン製造の「ケアゲ」だということは先日書いたとおり。
→ 1/9:[狼と香辛料] 第一幕「狼と一張羅」

2/29 追記:正しくは、リョービイマジクスの「ナウ(明朝系)」でした。
→ リョービイマジクス

これは結構すぐに分かったんですが、同じく単行本の装丁に使われているぐりぐりした英文フォントの正体が一向に分からずあきらめかけていたところ、G2 さんよりコメントで教えていただくことができました。


狼と香辛料のフォント

ぐりぐりのフォントというのはこれのことで、Motion Light (Emigre) というフォントだそうです。
→ Emigre Motion Light

$39 でダウンロード販売されています。

狼と香辛料のフォント

あらてめて見てみると結構くどいフォントなんですが、文庫の表紙では小さい文字でさりげなく使ってあって可愛らしく、さすがプロの仕事といった感じです。


狼と香辛料のフォント

一方、文庫の中で、こんなふうに使われている日本語フォント(一番上の行)はアトリエケイの和楽-L
→ アトリエフォント

狼と香辛料のフォント

書体ごとの販売もあるようですが、1書体分の値段で買えてしまう『FONTWIRE 3400 EXTRAPACK for Windows』(Amazon)がお勧めです(私はこっちで持っていました)。


Average Rating:
  • 販売元:データクラフト
  • 価格 :¥ 14,700



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年2月11日

●[フォント] 『FORTUNE ARTERIAL』のロゴ

今日は『FORTUNE ARTERIAL』のロゴに使われているフォントのお話を。

『FORTUNE ARTERIAL』のロゴに使われているフォント

上が本物のロゴ。下がそれをまねして書いたものです。

真ん中のシンボルも再現したかったんですが、隠れている部分があって気持ち悪いのと、色を塗るのが面倒だったので省いてしまいました・・・


メインの "FORTUNE ARTERIAL" の文字は Romana というフォント。

若干、長体(縦長)にする必要がありますが、字形そのものは全く変更の必要無しです。

このフォント、私は『TrueTypeフォント パーフェクトコレクション』という CD-ROM 付きの本で偶然持っていたのですが、3,000 円程度で買えるので、おそらく一番安い入手方法では無いでしょうか。

本の宣伝文句を見ると、「Bitstream 社製の欧文 TrueType フォント 500 書体が納められており・・・」と書いてあるはずです。たいていこの手の書体数は、数が多いばかりでほとんど実用性の無いフォントだったりするものですが、この本は Frutiger とか Univers などの世界的定番フォントが惜しげもなく入っているのでお勧めです。

今は Vista 対応版(改訂4版)が出ているようなので、そちらをどうぞ。


話がそれましたが、もし、今回省略した真ん中のシンボルもできたら、改めてアップしたいと思います。

で、1つ前のエントリで書いたブックカバーに加えて、『FORTUNE ARTERIAL』のしおりも作りたいと検討中です(あくまでも願望ですが(笑))。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ