漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月28日

●[みのりん] ボリビアバグ(bolivia bug)

茅原実里さんがネットラジオボリビアバグの動画をみたという話をされていたんで探してみました。

→ ニコニコ動画ならこちら

たしかにふくふくしていて可愛いと言えば可愛いんですが・・・

蛾の幼虫で、幼虫も成虫も猛毒を持っているそうです。
→ 参考:映画館@オオカミノアナさん

ちなみに、成虫の写真はこちら。蛾の苦手な方は注意!


動画を見たとき、何かに似ているなぁと思ったんですが、なんだったか思い出せないままラジオを最後まで聴いて、そうだ!と思いました。

たしかに、ねこバス(トトロの)ですよね、この形は(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2007年11月24日

●[初音ミク] ロゴとそのフォント

初音ミクの妹分である鏡音リンの発売もあと約1ヶ月。

その情報をネットで見ているとあちこちで亜北ネルという言葉を見かけたんで、伊達杏子みたいなものかな、と思っていたら全然違いました(笑)
→ はてなダイアリー > キーワード > 亞北ネル

他にも世間ではいろんな派生キャラ(?)が登場しているようです。
→ 和音ミク(コゲどんぼさん)
→ 弱音ハク(かふぇろぐさん)

【参考】
→ キオ式アニキャラ3D act.3:アンチヒロイン
→ CloseBox and OpenPod:初音ミクと鏡音リンのライバル、予想外の新人「亞北ネル」が人気上昇中


その初音ミクなんですが、クリプトンの公式サイトでは「デモソングのMIDI&イメージファイル」として、ミクのイラストなんかのデータを配布してくれています。

良いサービスだと思うんですが、その中に入っているロゴの画像(下の画像)が、なぜかやたら線幅がバラバラで素人っぽいんですよね。

初音ミク公式ロゴ




そんなわけで、自分で書いてみたのがこちら(↓)。

初音ミクロゴ




鏡音リンの方については、現時点で公式サイトには白黒のロゴしかないので、適当に黄色く塗ってみました。

12/6 追記:鏡音リン・レン発表後に修正したロゴはこちらのエントリへ
→ 12/6 [鏡音リン・レン] ロゴ、作り直しました

あと、「キャラクター・ボーカル・シリーズ01」という文字は、
GAU+(ガウプラ)さんのところで配布されているガウフォント カナシリーズ カナ0816というフォントのようです。
→ GAU+(ガウプラ)

注意点としては、「01」、「02」のところの「ゼロ」は、数字のゼロではなくカタカナの「ロ」を使っています。

「0(数字のゼロ)」だと中に斜線が入ってしまうからです。


試しに、eps ファイルと pdf ファイルを載せておきます。

→ ダウンロード「vocaloid_logo.eps」(zip で圧縮してあります)
→ PDF ファイル「vocaloid_logo.pdf」

ただし、上に書いた「キャラクター・ボーカル・シリーズ01」の文字などは、アウトライン化して上げておくのはどうかと思ったので省いてあります。


さて、本物の鏡音リンのパッケージでは、どんなロゴの配色になるのか楽しみです。


Average Rating:
  • 販売元:グッドスマイルカンパニー
  • 価格 :¥ 3,150



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2007年11月12日

●[Plagger] Windows XP へのインストール報告

先日、Plagger をインストールした話をちょこっと書きましたが(→ 11/10 のエントリ)、本を見ながらとはいえ少し引っかかったところもあるので、私と同じような初心者の方向けに一応残しておきます。

うまくいけば数時間でインストールから動作確認までできるので、難しそうだと逡巡している方もぜひチャレンジを。

なお、以下の内容は、2007年11月10日の時点で、Windows XPへインストールした際のものです。

あと、もし間違いに気づかれた方はご指摘いただけると助かります。


■ インストールの流れ

Windows XP に Plagger をインストールする手順は、次の3段階に分けることができます。

 1)ActivePerl のインストール
 2)Plagger のインストール(ppm を使用)
 3)assets フォルダのコピー

以下、順番に注意点を書いていきます。


1)ActivePerl のインストール

Plagger は Perl で書かれているので、Windows 上で動かすためにはまず ActivePerl をインストールする必要があります。

幸い、ActivePerl には フリーのバージョンがあるので(ActiveState社さん、ありがとう!)、これをダウンロードしてインストールします。

この際、このエントリを書いている時点で ActivePerl の最新版は Ver. 5.8.8.822 ですが、あえて ActivePerl 5.8.7.815 を使用します。

→ ダウンロード(ActiveState社のサーバー)

上のリンク先から、ActivePerl-5.8.7.815-MSWin32-x86-211909.msi というファイルを落としてくればOKです。

古いバージョンを使うのは、後ほど Plagger のインストールに使用する ppm (Perl Package Module) のバージョンが最新版では4に変わっているので、その影響をさけるためです。

ActivePerl 5.8.7.815 では ppm3 を使用しています。

ただし、ppm4 で Plagger がインストールできないわけではないそうです。

→ しげふみメモ:「Windowsで簡単にPlaggerをインストールする方法」
→ namikawamisakiの日記:「■[Perl][Plagger]ふたたびPlagger(というかPPM4のこと)」


ダウンロードしたファイルを実行し、特になんのオプションも変更せずインストール。

これで Perl の実行環境が用意できました。


2)Plagger のインストール

Plagger をインストールする方法には、先ほど書いた ppm を利用する方法と、CPAN (Comprehensive Perl Archive Network) を使う方法の2通りがあります。

どちらも、インストールするソフトウェアが利用するモジュールをまとめてインストールしてくれるシステムで、ppm の方は ActivePerl 独自のものです。

ここでは、ppm を使ってインストールしますが、このときに tcool というリポジトリ(モジュールの依存関係をまとめたもの、たぶん・・・)を使うように設定することがポイントです。
→ Charsbar::Note:「PlaggerをWindowsにインストールするときの注意点CommentsAdd Star」

設定方法は上の Charsbar::Note さんのところに書いてあるとおりです。

私は、
ppm> rep
Repositories:
[1] tcool
[2] ActiveState Package Repository
という状態で無事にインストールできました。


〈11/13 追記〉------

うっかり書き忘れていましたが、上に書いたCharsbar::Note さんのところに書いてある手順で tcool を使うように設定したあとは、

ppm> install plagger

と入力してインストールを始めます。

その後、y/n みたいな感じでいろいろきいてきますが、深く考えず Enter キー連打で OK です。

(ただし、この入力を求められるのはインストール開始後 10分程度過ぎてからでした。)

Successfully installed Plager ver・・・

と表示されてプロンプト(ppm>)が表示されれば完了です。

ppm> exit

と入力して、ppm を終了しましょう。

ちなみに、すべてのインストールを終えるのに、うちの環境ではだいたい2,30分程度かかりました。

〈11/13 追記ここまで〉------


3)assets フォルダのコピー

plagger のインストールについて調べていると、「assets の罠」という言葉をよく目にします。
→ otsune's SnakeOil:「Plaggerの三大罠」

実は、ppm でインストールしても、plagger の実行に必須の assetes フォルダがインストールされていないので、手動でコピーしてやる必要があるという、まさに罠としか言いようのない事情があるのです。

assetes フォルダは、配布されている plagger のアーカイブファイルに入っているので、CPAN から落としてきます。
→ Plagger-0.7.17([Download] をクリック)


tgz 形式で圧縮されているので適当なソフト(たとえばこれ)で解凍します。

あとは、解凍した中にある assetes フォルダを適当な場所におくだけです。

この assets フォルダのパスを、plagger の実行に使う設定ファイル("~.yaml")の冒頭に書けば OK です。


こう書いてみると意外と簡単なわけですが、知らずに一から自力でやろうとすると運が悪ければ泥沼になりそうな気も・・・。

ネット上でいろいろ情報を提供しておられる方々や、tcool の作者の Kenichi Ishigaki さんに感謝を。

もし、このエントリや、引用しているサイトの情報を見ても分からなければ、『Web Site Expert #12』の特集記事をご覧になることをお勧めします。18ページほど割いてインストールから詳しく解説されているのでお勧めです。

あと、動作確認についても後日書くつもりですが、『まるごとPerl! Vol.1』に Bloglines との連携などを例に、実際の config ファイルの書き方が載っているので参考になります(plagger 開発者の宮川達彦さんご本人の記事です)。


大型本
Web Site Expert #12 《大型本》
Average Rating:not rated
  • 著作者:Web Site Expert 編集部(著)
  • 出版社:技術評論社
  • 価格 :¥ 1,554
大型本
まるごとPerl! Vol.1 《大型本》
Average Rating:
  • 著作者:小飼 弾(著)、宮川 達彦(著)、伊藤 直也(著)、川合 孝典(著)、水野 貴明(著)
  • 出版社:インプレスコミュニケーションズ
  • 価格 :¥ 1,995



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2007年11月 6日

●[Web] Tumblr 始めました。

ふと思いついてTumblr(タンブラー)を始めてみました。

今はやりのマイクロブログ的サービスなんですが、twitterはいまいち何が面白いのか分からないので(それは友達少ないからでは・・・w)、方向性が明確なTumblrを試してみることに。

Tumblrのサイトに、”What's a tumblelog? To make a simple analogy: If blogs are journals, tumblelogs are scrapbooks.” とあるように、深く考えずに興味を持ったものをどんどんスクラップブッキングしていくような感じです。

操作はブックマークレットをクリックするだけ。タギングの必要もないので本当にワンクリック。

あとは必要に応じて(暇なときにでも)一言コメントをつけるだけ。

実際使ってみて、その便利さに感動しました。

マイクロブログってこういうことだったのか・・・

→ 「ゆず屋 on Tumblr.」(http://yuzuya.tumblr.com/)


もっとも、どんどんスクラップブッキングしていったとして、それをどう利用するのか、そのあたりは検討の余地がありそうです。

とりあえず、試験的にRSSをブログパーツにしてこのブログのサイドバーに表示してみました(この画面右上に「ゆず屋 on Tumblr.」というのがあるはず→)。

役に立つかどうかは微妙な気もしますが、私がどんなものに興味を持っているかは丸わかりですね・・・


ちなみに、RSS の表示には FeedWind のブログパーツを利用してみました。

設定が簡単な割に、デザインを柔軟に変更できるのでお勧めです。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ