漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

ゆず屋 『書体の研究』

2014年4月16日

●[フォント] 『棺姫のチャイカ』・『僕らはみんな河合荘』・『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』

こんばんは。榊です。

4/1に転職してばたばたしていたもので、約1ヶ月半ぶりの更新です。

今日もフォントの話題なんですが、この4月に始まった春アニメがらみの小ネタというか雑談みたいな内容なので、気軽に読んでいただければと思います。


■ 『棺姫のチャイカ』

『棺姫のチャイカ』(ゆず屋)

とりあえず、3つのアニメを取りあげようと思うのですが、まずは『棺姫のチャイカ』から。

上の画像は『棺姫のチャイカ』の第1話のタイトルですが、フォントワークスの「ライラ」というフォントが使われています。

『棺姫のチャイカ』(ゆず屋)

以前にも、『ささみさん@がんばらない』のテロップなどで使われていました(次の記事参照)。

→ ゆず屋:[フォント] 『たまこまーけっと』とか『ささみさん@がんばらない』とか『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』とか『僕は友達が少ないNEXT』とか

その時にも書きましたが、「金文体」ではありません(笑)

『棺姫のチャイカ』(ゆず屋)

ちなみに、各話タイトルでは黒地に白なんですが、次回予告では白地に黒と反対の配色になっているようです。


■ 『僕らはみんな河合荘』

『僕らはみんな河合荘』(ゆず屋)

次は『僕らはみんな河合荘』です。

今度は各話タイトルではなく作品のタイトルロゴをみてみましょう。

直線を組み合わせて作ったような、なんだかたどたどしい感じの不思議な文字ですね。

『僕らはみんな河合荘』(ゆず屋)

原作でも同じロゴが使われています。

かなり個性的で、汎用性がなさそうなデザインの文字なので、あまりフォントっぽくはありませんが、実はこれも既製のフォントを利用したものです。

『僕らはみんな河合荘』(ゆず屋)

フォントの名前は「バースディ19」。

あの「はるひ学園」と同じ七種泰史さん作のフォントで、デザインシグナルというレーベルで出ています。

→ デザインシグナル


ちなみに、このフォントには「バースディ21」という兄弟的なフォントもあります。

『僕らはみんな河合荘』(ゆず屋)

バースディ19は角が丸まっていますが、バースディ21は角張っているのが違うところです。

『僕らはみんな河合荘』(ゆず屋)

『僕らはみんな河合荘』(ゆず屋)

以前の『書体の研究』でも紹介しましたが、上の2冊のロゴには「バースディ21」が使われています。


■ 『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』

最後は『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』です。

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

配置はちがっていますが、アニメ版にも原作と同じフォントが使われています。

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

このロゴには見ての通り2つのフォントが使われており、「龍ヶ嬢七々々の」の部分がフォントワークスの「筑紫オールド明朝」、「埋蔵金」の部分がモリサワの「光朝(こうちょう)」になっています。

「筑紫オールド明朝」は既に『書体の研究』やこのブログでも何度も紹介している人気フォントです。

ご興味のある方は、過去記事をご参照ください。

→ ゆず屋:[フォント] 筑紫明朝体(アイマスとか凪あすとかノラガミとか)

一方、「光朝」については『書体の研究』の最終号(Vol.13)の特集でも紹介していますが、非常に細く真っ直ぐな横画と、太く力強い縦画とのコントラストが印象的な見出し用明朝体です。

ライトノベルやコミックスを含め、いろんな書籍のタイトルでもよく見かけます。

いくつか例を挙げてみましょう。

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

これ、全部タイトルが「光朝」です。

なぜか、「~~の~~」っていうパターンのタイトルが多いですね(笑)

上に挙げた作品、特に最初の3つのタイトルでは「漢字」の比率が高い(かなが少ない)ので、どちらかというと先ほど書いたような直線的でコントラストの「漢字」のデザインの印象が強く出るので、全体としてもシャープな雰囲気のロゴになります。

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(ゆず屋)

反対に、こちらの3つの例のように「かな(特に平がな)」の比率が高くなると、とたんにクラッシックで貫禄のある雰囲気になります。

というのも、光朝の「かな」は昔の鋳造活字(東京築地活版製造所の初号活字)のデザインを元にしているからです。

このように、Bodoniに例えられるようなモダンなデザインの漢字と、クラッシックなデザインのかなとがうまく融合しているのが光朝の面白いところといえるでしょう。


ということで、今日は春アニメ関係のフォントの話題でした。


画像は、各アニメの第1話より引用させていただきました。

棺姫のチャイカ:榊一郎・なまにくATK(ニトロプラス)/KADOKAWA 富士見書房刊/「棺姫のチャイカ」製作委員会

僕らはみんな河合荘:宮原るり・少年画報社/委員会はみんな河合荘

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金:鳳乃一真・eb!刊/七重島総合警備保障



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2014年2月22日

●[フォント] 筑紫明朝体(アイマスとか凪あすとかノラガミとか)

こんばんは。榊です。

今日は劇場版『モーレツ宇宙海賊』の公開初日だったのですが、幸運なことに舞台挨拶付きのチケットがとれたので、朝一番で観に行ってきました。

短い時間の中にテンポよく話がまとめられていて、とても楽しめたのですが、今日は書くことがたくさんあるので詳しい映画の感想はパスしたいと思います。

■ 『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

映画といえば、1月25日に公開されたアイマス劇場版のときも、舞台挨拶付きチケットがとれたの初日に観に行ってきたんですが、そのときに買ったパンフレットがこちら(下の画像)です。

『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

箔押しされた765プロメンバーのシルエットの上に、タイトルロゴが黒で大きく書かれています。

「輝きの向こう側へ!」という文字に使われているフォントは筑紫明朝

フォントワークスが展開している筑紫書体シリーズの中核となる、フラッグシップともいえる明朝体です。

『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

(画像をクリックで拡大)

劇場版アイマスのタイトルロゴでは、このとても綺麗な書体が、奇をてらうことなくストレートに使われています。


■ 筑紫明朝はめずらしい?

なぜこのロゴの話をしたのかというと、これを見たときに、「筑紫明朝ってめずらしいな」と思ったからです。

もちろん筑紫明朝自体は人気のある書体なので、いろいろなところで使われていると思うのですが、私がいつも接しているようなアニメ、マンガ、ラノベといったコンテンツではあまり見かけないように感じていました。

そういったジャンルでは、同じ筑紫シリーズでも筑紫明朝より筑紫オールド明朝の方が圧倒的によく使われているのではないでしょうか。

実際、『書体の研究』 Vol.13 の特集内で筑紫明朝のコーナーを設けた際にも、筑紫明朝を使っているネタが見つからず、結局、筑紫オールド明朝や筑紫見出ミンの話ばかりになってしまいました。

あのときに挙げなかったものでいえば、下に挙げた糸森 環さんの『花神遊戯伝 ひとひら恋せ、闇告げる王』(角川ビーンズ文庫)のタイトルも筑紫オールド明朝ですね。

『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

一方、こちらはマンガ、ラノベ関連ではなく、『利休にたずねよ』という一般の映画のチラシですが、「この男/歴史を/狂わす」の文字がやはり筑紫オールド明朝です。

見ての通り、すごく格好良い書体なので、よく使われるのも分かる気がします。

筑紫オールド明朝については、このブログの以前の記事でも多少触れています。

→ ゆず屋: [フォント] 藤田重信さん×草野剛さんのトークセッションを聴いてきました


■ 筑紫明朝と筑紫オールド明朝

筑紫明朝と筑紫オールド明朝の違いは、下の図のように並べてみるといっそうはっきりします。

筑紫明朝と筑紫オールド明

(画像をクリックで拡大)

今日は解説することが目的ではないので細かいことは書きませんが、仮名の形の違いや、線の先端の形や太さといった点だけでなく、ぱっと見たときの全体的な印象、というか目が受ける刺激の感覚の違いにも注目です。

なんだか、筑紫オールド明朝の方が目に引っかかるように感じませんか?

もしかしたら、こう感じているのは私だけなのかもしれませんが、個人的にはこの目に引っかかるところが筑紫オールド明朝の一番の良いところだと思っています(もちろん、そのせいで向かない使い方も出てきますが)。

「目に引っかかる」というと何だか悪くいっているようにもとれますが、単に「目をひく」とか「キャッチー」とかいうより「引っかかる」という感じなんですよね。良い意味で……

(あと、「与」の最後のハネがすごく格好いいんです!)

筑紫明朝と筑紫オールド明朝

(画像をクリックで拡大)

この目に引っかかる感覚の原因は、おそらく漢字の横線の太さの変化の仕方にあるのではないかと思います。

もともと筑紫明朝にもそういう傾向があるのですが、筑紫オールド明朝では筑紫明朝よりもさらに(といってもわずかですが)起筆部が太くなっています。

もっと簡単にいうと、上の図(漢数字の「いち」)でいう左端が太いということです。

傾斜のしかたも微妙に違っていますね。

(画像にはありませんが、ヒラギノ明朝なんかだと、線の末端部分だけがちょこんと太くなっています。)

そのせいで線の中央部と起筆部の線の太さの差(コントラスト)が強調され、あたかも線の端にインクがたまったかのような、みずみずしさを強く感じるのではないでしょうか。

私にはこれが、まるで一本の線の中でダズリング(幻惑)効果が起きているかのように感じられるのですが、右側のウロコにはそんな印象を感じないので、これは気のせいなのでしょう。

(自分で書いていてよく分からなくなってきました(笑))


■ 『凪のあすから』

話が盛大にそれましたね。今日は筑紫明朝の使用例を紹介するんでした(笑)

『凪のあすから』

筑紫明朝って珍しいという話でしたが、最近TVアニメを見ている感じでは、そんなこともないのかもしれません。

上の画像は今放送中の『凪のあすから』のタイトルです。

長体(縦長への変形)とシアー(斜め方向の変形)がかかってはいますが、これも筑紫明朝です。

『凪のあすから』

『凪のあすから』

ちなみに、次回予告(上の画像)では、モリサワのA1明朝という別の書体が使われています。

同じ文字を、A1明朝と筑紫明朝で組んでみるとこんな感じになります。

全然ちがいますよね。

筑紫明朝とA1明朝

(画像をクリックで拡大)

(参考) A1明朝関係の過去記事

→ [フォント] A1明朝ともう一つのニュアンス系明朝体?

→ [フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)


■ 『ノラガミ』でも

『ノラガミ』

最後にもう一つ。

こちらも現在放送中の『ノラガミ』ですが、そのテロップでも筑紫明朝が使われていました。

『ノラガミ』

けど、上の各話タイトルで使われているのはモリサワのリュウミン

『ノラガミ』

どうしてわざわざ変えたんでしょうね?

デザインを考慮した意図的なものなのか、単に作った人が違うからとかそういう理由なのでしょうか。謎です。

(もちろん違うから悪いというようなことは全くないです。念のため。)



しかし、こうやって明朝体一つとってみても、いろんな書体があって、それぞれに個性があるんですから面白いですよね。

(参考)

いろんな明朝体

(画像をクリックで拡大)


本当は、この流れで『ストライク・ザ・ブラッド』のタイトルの話も書きたかったんですが、長くなったので(画像も重いので)今日はこの辺りで。


TVアニメの画像は、『凪のあすから』(Project-118/凪のあすから製作委員会)、『ノラガミ』(あだちとか・講談社/ノラガミ制作委員会)より、それぞれ引用させていただきました。



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2014年2月 8日

●[フォント] 3つの『神さまのいない日曜日』

こんばんは。榊です。

昨日は通販の告知だけで終わってしまったので、今日はちょっとしたフォント関係のネタを。


昨年の夏コミで出した『書体の研究』 Vol.13 では、題材の一つとして『不思議の国のアリス』を取りあげました。

この作品はイギリスで1865年に出版されたものがオリジナルですが(原題は『Alice's Adventures in Wonderland』)、その後も色々なバージョンが出版されています。

ジョン・テニエルが挿絵を描いたオリジナル版や、アーサー・ラッカムの挿絵になったものなどが有名でしょうか。

驚くべきことに、Wikipediaには「不思議の国のアリスの挿絵」なんていうタイトルの項目が独立して作られていたりします。

→ Wikipedia: 「不思議の国のアリスの挿絵」

もっとも、『書体の研究』はフォントの本ですから、Vol. 13では挿絵の話をしたわけではなく、日本で刊行された様々なタイプの『不思議の国のアリス』から個性のはっきりしたものを7種類選び、タイトルに使われているフォントを比べたわけです。

詳しくは、『書体の研究』 Vol.13をご覧ください。


■ 3つの『神さまのいない日曜日』

アリスほどではないにしろ、同じ作品で複数パターンの装丁、表紙デザインが作られるということはしばしばあるようです。

以前にも、『書体の研究』の Vol. 8 で佐伯泰英さんの『埋みの棘 鎌倉河岸捕物控』の旧版新装版におけるタイトルのフォントの違いを紹介しました。

今日は、富士見ファンタジア文庫から出ているライトノベル、『神さまのいない日曜日』の表紙を見てみましょう。

実は、この作品には3パターンの表紙が存在します。

まず一つ目はオリジナルのデザイン。下の画像です。

『神さまのいない日曜日』


二つ目はTVアニメ化記念の表紙

これはオリジナルのカバーの上にもう一枚、別デザインのカバーをかけて販売されていたもので、中の本自体は同じです。

『神さまのいない日曜日』


そして最後、三つ目は角川文庫版

こちらはライトノベルではなく普通の小説として、角川文庫から出版されたものです。

カバーイラストは別の方の絵になり、中の挿絵もなくなっています。

『神さまのいない日曜日』


■ フォントの違い

と、こんなふうに3種類の表紙デザインがあり、それぞれ雰囲気が違っているわけですが、タイトルに使われているフォントも違っているのに気づかれたでしょうか?

こんなブログをわざわざ観てくださっている方には釈迦に説法かもしれませんが、一応書いておくと、使用フォントはそれぞれ次のようになっています。

『神さまのいない日曜日』

(クリックで拡大)


初めの2つでは、ヒラギノ明朝の漢字に、それぞれ別のフォントの仮名を組み合わせて(混植して)使っています。

オリジナル版がモリサワの秀英5号、アニメ化記念カバーが同じくモリサワの秀英3号です。

同じ秀英体ですが、5号と3号で変えてあるところが面白いですね。

もちろん、秀英体と一口に言っても書体のデザインは5号と3号でかなり違います。

そして、3つめの角川文庫版ではイワタ明朝オールドが使われています。

こちらも秀英体と同じく、鋳造活字時代のデザインを受け継いだ人気の書体です。

やはりイラストや、作品自体の雰囲気にあわせて選んだのでしょうか。


こんな風に、同じ作品で複数のバージョンがあると、見比べられるので面白いですよね。

もちろん、フォントの違いだけでなく、その使われ方(サイズや配置など)や、イラストも含めた全体的なデザインの違いにも注目です。

今回の3つの場合、2つめのものはやや素っ気ない感じですが、1つめと3つめとでは、どちらも方向性の違う中で、それぞれの良さがあるのではないかと思います。

みなさんはどれがお好きでしょうか?


他にも、こんな本で複数の装丁があるよ、といった情報があれば教えていただけると有り難いです。

では。

『書体の研究』の通販もやってます → 通販の案内ページ




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2014年2月 7日

●[書体の研究] 通販を再開します

先日いったん終了した同人誌『書体の研究』の通信販売ですが、有り難いことにリクエストを頂戴しましたので、そして在庫もいっぱいあることですし(笑)、再開させていただきたいと思います。

なお、Vol. 5 は完売したので、Vol. 6 から最終号の Vol. 13までが対象です。

期間ははっきりと決めていませんが、少なくとも3月末まではやりたいと思います。


価格などの条件は基本的には前回と同じですが、Vol.5がなくなった分、若干変わっています。

ちょっとややこしくて恐縮ですが、以下の注意点を確認いただいた上でメールフォームよりご注文ください。

・ 今回取り扱うのはVol. 6 ~ 13です。

 (Vol. 13 が昨年の夏コミで出た最終刊。Vol.1~5 は完売です。)

・ 価格はどの巻も 1冊 1,000円です。

 (とらのあなで購入してくださった方と不公平にならないようにこの価格とさせていただいています。ご了承下さい。)

ただし、Vol.6 ~ 13 の8冊セットの場合は2,000円引きの6,000円とさせていただきます。注文フォームにある「Vol. 6-13(8冊)割引きセット」をお選びください。

*2014/05/11 追記

Vol.7 が完売したため、若干の変更があります。

セットは、Vol.6 +8~ 13 の7冊セットで5,000円となります。

・ 発送はメール便または宅急便。送料は当方で負担します。

・ お支払い方法は、PayPal または 口座振り込みです。

・ いずれの場合も、商品到着後 2週間以内にお支払い下さい

・ PayPal の場合、フォームに記入していただいたメールアドレスに請求のメールを送らせていただきます。

・ 口座振込みの場合は、振込先口座を書いたものを本と一緒にお送りします。

・ 振込先はみずほ銀行 と ゆうちょ銀行の口座からお選び下さい。

・ 申し訳ありませんが、振込手数料はご負担下さい。


・ お申し込みから 1週間前後を目処に発送させていただきます。遅くて申し訳ありませんが気長にお待ちください。

・ 発送後、お知らせのメールをお送りいたします。もし、注文後15日以上たっても届かない場合はお手数ですがお問い合わせください。

・ 配送トラブル防止のため、建物名(アパート名/マンション名)と部屋番号も略さずご記入ください。


→ ((売り切れました))


なお、本の内容紹介は次のリンク先をご覧下さい。

→ Vol. 13 「ろごたいぷっ! 特別編」 (最終号)

→ Vol. 12 「カテゴリー別ちょっと変わったフォントカタログ」

→ Vol. 11 「ここから始める欧文書体」

→ Vol. 10 「やっぱり明朝体が好き!」とそれ以前の号

以上、よろしくお願いいたします。



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2014年2月 4日

●[フォント] TP明朝がついに登場

■ TP明朝

こんばんは。榊です。

昨日、TypeProjectさんより新しいフォントTP明朝がリリースされました。

TypeProjectさんといえば、モダンゴシック体のAXISフォントが有名ですが、今度は明朝です。

その前身となるAXIS明朝が『AXIS』誌で使われ出したのが、2012年の2月号。

それから結構立ったわけですが、その間、デザインに調整が加えられるとともに、多数のコントラストとウエイトのマトリックスで示されていたコンセプトが、「ハイ」と「ロー」の2つのコントラストと、ELからHまでの6つのウエイトに集約され、ついにリリースに至ったようです。

「コントラスト」とは、縦画と横画の太さのバランスのことで、簡単に言えば、横画が細いのが「ハイコントラスト」、横画が太めなのが「ローコントラスト」です。

和文なら「光朝」、欧文なら「Bodoni」みたいなのがハイコントラストといえるでしょう。

画像もなしでは分かりにくいと思いますので、ご興味のある方はぜひTypeProjectさんのサイトをご覧になってみてください。

なお、今回リリースされたのは「ハイコントラスト」の方で、今なら6ウエイトセットがキャンペーン価格になっています。

→ TypeProject

→ TP明朝



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2014年1月 8日

●[フォント] フォントワークスの2014年の新書体

■ ウィッチクラフトワークス

みなさま、新年明けましておめでとうございます。

またもや前回の更新から一月以上あいてしまうというていたらくですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


年が明けたということは、つまり新しいアニメが始まるということで、さっそくいろいろ観ていきたいところなのですが、年明けすぐに風邪をひいてしまい、今週の月、火と出勤したものの、まずます症状が悪化して今日はついに休む羽目になってしまいました。

病院で薬を出してもらって少しマシになったので、せっかくなのでブログを更新しようというわけです。

とはいえ、まったく新アニメを観られていないわけではなく、『咲 全国編』のあまりの登場人物の多さにどうやってアフレコしたのか余計な心配をしたり、某作品を観て「いくら好きな声優さんが出ててもこれは無理……」とか思ったりしていました(笑)。

あと、フォントがらみでいえば、『ウィッチクラフトワークス』では下の画像にあるように、OP手リップでライラ、EDテロップでぶどう、そして各話タイトルでパールというフォントが使われていましたね。

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

(クリックで拡大)

このライラ、ぶどう、パールの3つは、いずれもフォントワークスの書体です。

(別に、『ウィッチクラフトワークス』と『フォントワークス』をかけている、というような駄洒落ではないと思いますが……)

ライラは以前(下記リンク参照)にも紹介したようによく見かけるんですが、パールがアニメで使われているのは珍しいかもしれません。

→ ゆず屋:[フォント] 『たまこまーけっと』とか『ささみさん@がんばらない』とか『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』とか『僕は友達が少ないNEXT』とか


■ フォントワークスの新書体

フォントワークス

で、そのフォントワークスから今日、荷物が届きました。

新しくなったインストーラーと今年の新書体です。

フォントワークスの年間ライセンスシステムであるLETSは、いままで黒い大きなバインダーに何枚ものCD-ROMを綴じて保管するというスタイルだったのですが、今回、メディアがDVD-ROMになってパッケージもうんとコンパクトになりました。

そして、肝心の新書体はというと、人気シリーズである筑紫オールド明朝の新しいバージョンである筑紫Cオールド明朝や、筑紫ゴシックのオールドスタイル版である筑紫オールドゴシックなど、楽しみにしていたフォントがついにリリースされました。

筑紫cオールド明朝

(クリックで拡大)

筑紫オールドゴシック

(クリックで拡大)

それ以外にも、「スキップ」のウエイト展開や、アーク、テロップ明朝など新フォントも出ていますので、詳しくはフォントワークスのサイトをご覧ください。

→ フォントワークス:LETS新書体

あと、忘れてはいけないのが今まで別料金だった白舟書体コレクション 48書体がフォントワークスLETSに収録されたことですね。

→ フォントワークス:白舟書体コレクション

明朝やゴシックのような基本書体とは違って筆書系の書体は遣いどころが限られるとはいえ、デザイン等のお仕事をされている方にとってはかなりいい話なのではないでしょうか。

これで年会費24,000円(3年コースの場合)って、ちょっと安すぎるのではと、かえって心配になってしまうくらいです。

もっとも、だからといって春あたりから白舟書体をタイトルに使ったラノベが大量に出てくる、なんてことにはなって欲しくないわけですが(笑)


ちなみに、昨年度(2012年12月)にリリースされたフォントワークス新書体の記事はこちらです。

→ ゆず屋:[フォント] フォントワークス2012年の新書体

あと、同人誌『書体の研究』の通販も引き続きやっていますのでよろしくお願いいたします。

*本文中のキャプチャ画像は『ウィッチクラフトワークス』(水薙竜・講談社/ウィッチクラフトワークス製作委員会)第1話より引用。



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年12月 3日

●[フォント] 解ミン 月、解ミン 宙(モリサワ)の使用例

今日はタイトルのとおり、解ミン 月、解ミン 宙という書体の使用例の紹介です。

この2つはモリサワの年間ライセンシングプログラム「PASSPORT」に収録されている書体で、今年(2013年)のアップグレードキットで登場したものです。

アップグレードキットが出た9月から数ヶ月たち、ぼちぼち使われているのを見かけるようになりました。

そんなわけで、私が見かけた使用例をいくつか挙げてみます。


■ 解ミン 月

解ミン 月

まずは「解ミン 月」の例です。

米谷たかねさんの『天才博士と恋のおくすり』(ミッシィコミックスYLC Collection)です。

解ミン 月

(クリックで拡大)

この「解ミン」という書体は、フォント解の金井和夫さんがデザインされたもので、共通の漢字に、異なるデザインの仮名を組み合わせた「月」と「宙(そら)」の2種類があります。

モリサワの説明によれば、解ミンの漢字は「明朝体に隷書の筆法を取り入れた」と表現されています。

たしかに、明朝体のような水平垂直の骨格を持っていますが、横画は明朝体ほど細くなっておらず、筆で書いたような柔らかさも備えています。

また、解ミン 月では仮名も隷書体に近いデザインになっています。

→ モリサワ:解ミン 月


■ 解ミン 宙(そら)

次は、もう一つの解ミン 宙です。

解ミン宙

これは白神怜司さんの『スイの魔法』(アルファポリス)。

解ミン 宙

こちらは原 悠衣さんの『わかば*ガール』(まんがタイムKRコミックス)。

原悠衣さんというと、『きんいろモザイク』の作者の方ですね。

解ミン 宙

『わかば*ガール』で使われているフォントを見てみると、上図のようになります。

タイトルの文字は、一見、明朝体の仮名のようにも見えますが、これが「解ミン 宙」です。

ちなみに、欧文タイトルにも解ミン 宙の従属欧文が使われていました。

原 悠衣さんの絵のタッチに、鮮やかな緑色という色使い、そしてこの落ち着いた解ミン 宙の仮名がすごく合っていてきれいですよね。


では、解ミン 月と解ミン 宙の違いを簡単にみてみましょう。

解ミン 宙

(クリックで拡大)

先ほどの「解ミン 月」の仮名が隷書体風だったのに対して、「解ミン 宙」の仮名はこのように明朝体に近いデザインになっています。

それも、今風の明朝体と言うよりは、漢字のデザインにマッチするようにオールドスタイルのデザインになっています。

解ミン 宙

(クリックで拡大)

上の図は、左から順に「リュウミン オールドがな」、「解ミン 宙」、「解ミン 月」、「陸隷」です。

左端の「リュウミン オールドがな」はオールドスタイルの明朝体、右端の「陸隷」は隷書体の例だと思ってください。

こうやって並べてみると、左側の明朝体から右側の隷書体へとグラデーションっぽくなっているのが分かりますね。

→ モリサワ:解ミン 宙


■ こんな使い方も

解ミン 月

最後に、こちらは慶野由志さんの『つくも神は青春をもてなさんと欲す』(スーパーダッシュ文庫)です。

解ミンの漢字に、筆書体(これは行書というのでしょうか?)の仮名を組み合わせて使っています。

こんな風にまったく系統の違う漢字と仮名を組み合わせるのも面白いですね。


と、こんな感じでライトノベルやマンガでの解ミンの使用例を紹介しましたが、おそらくそれ以外の用途、例えば、食品のパッケージなんかでもそろそろ使われだすのではないでしょうか。見つけるのが楽しみです。

では。


同人誌『書体の研究』の通販も引き続きやっていますのでよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年11月30日

●[イベント] 燃える文字祭に参加してきました

燃える文字祭

先週の土曜日は、大阪で開催された「燃える文字祭」というイベントに参加してきました。

主催者の檜垣さんをはじめ、関係者の方々には大変お世話になりました。

大阪まで行って話をするというのは初めてだったんですが、おかげさまでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

聴きに来てくださった方々も、同じように楽しんでいただけていたらいいなと思います。

ちなみに、50分ほどしゃべる予定だったのに、事前に170枚以上スライドを作ってしまってどうしようという感じだったんですが、適当に端折りながら話して、なんとかおおむね時間に収められたので一安心でした(笑)

あと、来場者の方に回答していただいたアンケートが面白い結果になっていたんですが、それにつてはイベントの公式ブログをご参照ください。

→ 燃える文字祭 公式ブログ


その翌日は、大阪DTPの勉強会さん主催の『鳥海修の文字塾 第2回』に参加。

鳥海さんのお話は分かりやすい上に面白く、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

時間の余裕があまりなく、懇親会に参加できなかったのが残念です。

→ 大阪DTPの勉強会


あと、その際に教えていただいたんですが、関西では「和文と欧文」というイベントも開催されているそうで、フェイスブックページを拝見しただけでもすごく勉強になりそう、というかむちゃくちゃ面白そうです。

参加させていただきたいけど東京からは遠いです……

→ 和文と欧文


こんなかんじで、関西でも文字関係のイベントがたくさん開かれているんですが、もちろん東京でもそれに負けずいろいろあるわけです。

そういういろんなイベントに積極的に参加したいと常々思っているんですが、出不精な上になかなかそういった情報に疎いもので、見逃してしまうこともしばしば。

今回も、行く気満々だった「タイポグラフィの世界」と「タイプルノアール」の両方とも、気がついたときには定員に。

楽しみにしていたのに、どんくさすぎです。

gggでやっていた「ヤン・チヒョルト展」もいつのまにか終わっていたし……

今後はこんな風にならないように、こまめにチェックしたいと思います(笑)


なお、今日までの予定だった『書体の研究』の直接通販ですが、年明けまで延長しようと思います。

もし、ご興味のある方がいらっしゃったらぜひご利用ください。

→ [書体の研究] 通販のご案内(~2014年1/31)



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年11月14日

●大阪でのイベントに参加させていただきます

タイトルの通り、今月末、2013年11月23日(土)に大阪であるイベントに参加させていただきます。

「燃える文字祭」というイベントなんですが、主催者の方よりお誘いいただき、50分程度時間をいただいて『書体の研究』出張版 「身近なフォントの楽しみ方〜オタク系コンテンツを中心に〜」(仮題)というタイトルで話をさせていただくことになりました。

『書体の研究』の延長線的な内容で、難しいことは抜きにして、どちらかと言えば初心者の方向けに書体、フォントの面白さを紹介するというような内容にしようと思っています。

いつものように、マンガ、アニメ、ラノベ系のネタが多めです(笑)

他に、フロップデザインの加藤さんのお話しやパネルディスカッションも予定されています。

事前の申込みなしに無料で参加できるイベントですので、気軽に参加していただければと思います。

詳しくはイベントの公式ブログをご覧ください。

→ 燃える文字祭

ちなみに、翌日の日曜日には、大阪DTPの勉強部屋さん主催の「鳥海修の文字塾 第2回」が大阪でありますのでお忘れなく(もちろん私も申し込みました)。


同人誌『書体の研究』の通信販売も引き続き行っていますのでよろしくお願いいたします。

→ [書体の研究] 通販のご案内



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年11月 5日

●[フォント] 『のんのんびより』

にゃんぱす~

今日は『のんのんびより』で使われているフォントの小ネタです。


『のんのんびより』といえば、『ゆゆ式』と『きんいろモザイク』が終わってしまって途方に暮れていた私たちを救ってくれた、救世主とも言うべき今期の傑作アニメですが、もちろんみなさんBlu-ray買いますよね?(笑)

田舎が舞台で、ゆったりとした作品の雰囲気にあわせて、タイトルロゴも明るく、のんびりとした雰囲気です。





たしか、こんなロゴだったはず(うろ覚え)。

『のんのんキル』

で、キャラの登場シーンではこんなテロップが出たはず。

『のんのんキル』



本物のロゴと見比べてみましょう。

『のんのんキル』

ん~似てるんだけど、微妙に違いましたね(笑)

→ 参考:ゆず屋:[フォント] 『キルラキル』のあの文字



さて、冗談はさておき、今日紹介したいのはロゴではなく各話タイトルなどに使われているフォントです。

『のんのんびより』

『のんのんびより』

『のんのんびより』

上に挙げたように、『のんのんびより』の各話タイトルなどではちょっと変わったゴシック体が使われています。

普通のゴシック体と比べて仮名のデザインがちょっとゆるい感じで、可愛らしいですよね。

これはやさしさゴシックという名前のフォントで、実はフリーフォントなんですよ。

漢字部分にM+フォントIPAゴシックを利用し、それにオリジナルの仮名を組み合わせたものです。

『のんのんびより』で使われている普通の太さのもの以外に、ボールドもあります。

『のんのんびより』

上の2つが「やさしさゴシック」で、下の3つがよく見かける普通(?)のゴシック体です。

こうやって並べると、やさしさゴシックの、ちょっと下手っぽい(笑)、素朴な可愛さがよく分かりますね。

このフォントが、商用・非商用問わず無償で利用できるんですから太っ腹です。

ダウンロードは「フォントな」よりどうぞ。

→ フォントな


ちなみに、『ゆゆ式』でも携帯の文字にこのフォントが使われていました。

やったね!(笑)

『ゆゆ式』

『ゆゆ式』


画像は、『のんのんびより』(© 2013 あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合) 第3話、『ゆゆ式』(©三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部) 第3話より。



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ